ムック(♂)&セイラ(♀)FCR2ぴきと09年10月生まれの娘との日常をまったりと綴ります


by mutsu_crazy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まだかな・・・・

むつと新居で暮らす夢を見た。
ソファでまったりとくつろぐ夢だった。それ以外のことはあまりよく覚えていない。

秋田への移住が決まり、居候を申し出た後に、むつを迎え入れた。
居候をお願いした時点では、相方と私が実家にお世話になるはずだった。
でも秋田に行くと同時に、新しいナニカが欲しかった私はフラットの暮らしを夢見た。
居候はわかっていたけれど、『どうにかなる!!』と相方を押し切った部分も多分にある。
実際引っ越してくるまで、ワンコ付きの居候ですとは言えず(言わず)に。
引っ越して「おせわになります」と頭を下げた直後に・・・
「じつは家族が増えて、二人と一匹です」と。
父も母も大の動物好き。まんまと策略に引っかかり二人プラスワンコの居候が決定。
でもいくら動物好きの両親や祖父でも完全な室内飼いは無理で・・・
むつにはいろいろと不便をかけていると反省する日々。
もっと一緒にいてあげたいけど、半外飼いが条件なので、寝るのは別々。
自分たちの家ができるまでワンコと暮らす生活は我慢すべきだったかなと思ってみたりもする。
不慣れな環境でがんばれるのはむつのおかげだしと思ったり。
心中は複雑。
罪滅ぼしではないけど、仕事が休みの時はどこへ行くにもむつと一緒。
同居の両親はあきれ顔だ。それでも私はむつといたい。
むつがいるから仕事もがんばれる!!

家作りが決まったときはすごくうれしかった。移住後一年で夢のワンコとの暮らしができる。
誰に遠慮もせずにむつとごろごろできる。
むつと暮らすための家作りは基本的にはヒトが快適に暮らせること。
バリアフリーの床に珪藻土の壁。
ヒトにもワンコにも優しいはず。完璧な「むつ馬鹿」です。

1ヶ月後に迫ったむつの誕生日はまだ家は完成しないだろうなー。
でも完成したら、むつの誕生祝いを家族三人(?)水入らずでしようね♪

b0091153_21151449.jpg

b0091153_21154826.jpg


データの整理をしていたら、移住直後の写真が発見されたので・・・・
by mutsu_crazy | 2006-05-23 21:19